自分で水道を修理し解決できるかどうかの判断

水のトラブルを解決する方法として、自分で修理することも挙げられます。問題はどこなら修理ができるかを考えることにあるでしょう。専門業者に依頼すると、確実性はありますが、その分の費用負担を求められるからです。できるだけ節約したいというのであれば、どこなら直せるのかを考えておくことも必要になります。

■工程が想像つくかどうか

素人でも修理できる条件として、細かな施工を必要とするのではなく、ひとつの単位として交換ができる作業であることが重要です。もちろん、原因の特定も必要ですし、交換するときに施工ができるかどうかも考えてみなければいけません。交換できるというのは、部品を買ってくればいいというわけではなく、交換の手順も予想がつくということです。工程の部分でも予想がつくのであれば、交換を考えてみるといいでしょう。

■パッキンのようなわずかな金額のもの

水のトラブルは、数百円でも直せるものがあります。水道の蛇口に使われているパッキンの交換であれば、とても安価で手に入ります。これだけの金額で直せることを考えれば、自分で行なうのも選択肢になってくるでしょう。ただし、購入する必要もあり、やり方も手慣れているわけではないのですから、ある程度時間に余裕があるかどうかがポイントになってきます。緊急性を要するのであれば、自分で修理するのは向いていません。

■まとめ
水道のトラブルを自分で修理できるかどうかは、早めに判断する必要があります。交換するような工程が想像つかないのであれば、やめておいた方がいいでしょう。トラブルを増長させることになるからです。何が何でも自分でやった方が安上がりになるとは限らないこともあるので、十分な検討が必要でしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ