自分で直せる混合水栓を使った水道の修理

蛇口からぽたぽたと流れ出てくるような状態は、水道代の増大を招いてしまいます。今漏れているだけではなく、修理するまで流れているからです。わずかな量に見えても24時間漏れている状況を考えてみれば、いかに無駄なことをしているかが見えてくるでしょう。ですが、この状態は自分で直せる可能性が出てきます。

■バブルカートリッジの交換で

レバーハンドル式混合水栓の吐水口の場合に絞られますが、ぽたぽたと落ちてくるような場合には、バブルカートリッジに問題があることが考えられます。キッチンで使われていることが多い蛇口ですが、水量や温度を調整するための目的としてバブルカートリッジが取り付けられているのが特徴です。重要なパーツになってきますが、これが劣化してしまうと、じわりじわりと流れ出てくるようになります。

■メーカー名と品番と型番の確認を

単純に交換してしまうことで対処できますが、メーカー名と品番、型番を確認しておけば、すぐに購入できるようになるでしょう。なぜかといえば、常に共用されているわけではないからです。時期によっては型番が変わり、かたちが変わっていることも出てきます。ホームセンターなどで見つけても、型番が異なり実は使えないことも出てくる点に注意が必要です。あとはレバー下にあるカートリッジを交換するだけで解決するでしょう。

■まとめ
レバーハンドル式混合水栓の吐水口限定ではありますが、水道の構造を知っていればこうした修理もできるようになります。自分で購入してくれば、わずかな金額で済むようになるのですから、チャレンジしてみる価値があるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ