トイレにも水道修理ができるところがある

トイレをのぞいてみると、水道が常に水をためられる構造になっていることがわかります。それも大量に蓄えられるようにタンクがついていますが、非常に細かなバランスで成り立っており、どこを触れば修理できるのか想像もつかないことも出てきます。そんなトイレのタンクも、トイレの交換をしなくても部品によっては自分で直すことが可能です。

■接続部品の緩みが水漏れに

トイレのタンクは構造的にも非常にデリケートで、調整が必要になってきますが、単純なパーツもあります。連結部分に使われているナットもそのひとつでしょう。水道からタンクにつないでいくためには、接続部品がなければいけません。そのナットが緩んでいると、水漏れを起こすことがあります。締め付けるだけですので、修理としても簡単でしょう。パッキンも使われており、劣化してきているときには交換が必要になります。

■水をためておくためのゴムの劣化

タンクの中には、水をためるための部品がいろいろとありますが、止水栓は重要な部品です。タンクの下面に排水口がありますが、これをふさいでいる止水栓はゴムでできているため、劣化してくると隙間が開いてしまいます。これが水漏れの原因となり、便器の中に少しずつ流れていくことになるでしょう。減った分だけ水道から補給されていくのですから、永遠と無駄遣いを繰り返していくことになります。

■まとめ
トイレの構造は、メーカーや型番によって大きく異なります。基本的な構造はそこまで変化はありませんが、タンクの中などは違いがあったりするでしょう。修理ができるかどうかのぞいてみてからでも遅くはないので、自分で対応できないときには業者に依頼してしまいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ