水道の修理で蛇口のパッキンを交換しよう

蛇口の修理として考えると、パッキンが大きな問題になっていることがあるでしょう。パッキンは水漏れさせないためのパーツであり、劣化する可能性があります。水漏れの原因となってしまいますが、交換はそこまで難しいものではありません。

■水漏れを防ぐためのパッキン

水道に使われているパーツを見てみると、すべてが一体型ではありません。蛇口ひとつとっても、さまざまなパーツが組み合わさりできていることがわかるでしょう。そうなると、それぞれを組み合わせた時に隙間ができてしまいます。どんなに精度の高いパーツを使っていても、水にとっては隙間でしかなく、これが原因となって水漏れすることもあります。

■パッキンは劣化する

パーツの間に入れて水漏れを防ぐパッキンは、水に触れていることによって、どんどんと劣化していってしまいます。ですが、スパナがあれば交換できるようになっており、簡単に元の性能を取り戻すことが可能です。金額的にもわずかなものであり、自分で交換すれば、修理費を大きく削減できるようになるでしょう。交換に関しても、外してみればどこについているかも簡単に判断できるパーツです。

■まとめ
水道の修理として、蛇口のパッキンは基本中の基本です。簡単に交換できる部分となりますが、効果はかなり高い方法といっていいでしょう。もしも、少しずつ流れてきている水のトラブルであれば、チャレンジしてみる価値はあります。その際には、元栓を締めてから施工することだけは忘れないようにしなければいけません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ